Cheerful Givers Cheerful Givers

子ども食堂への寄付活動について~私たちにできること~

子ども食堂とは

子ども食堂とは、主に貧困家庭の子どもたちに月に数回の頻度で無料または安価で栄養のある食事を提供し、また勉学のサポートをする地域社会活動です。

 

始まりは東京都大田区の「気まぐれ八百屋だんだん」の店主近藤さんが、お店の一角に「子どもが一人でも安心して来られる食堂」を2011年に開店。
その後、この活動が世の中に知れ渡り、2019年現在では全国3700か所(NPO法人 全国こども食堂支援センター調べ)で「子ども食堂」は開催されています。

 

拠点の拡大によって、子ども支援だけでなく、親のサポート・高齢者の憩いの場・地域コミュニティ作りなど、コミュニケーション形成の場所となってきています。

 

 

弊社の取り組み・支援内容

私たちは全国に拡がる「子ども食堂」のなかでも、1日3食の生活ができていない、孤食の生活環境にいるなど、食事に困っている子どもたちに寄り添って支援している子ども食堂へ連絡を取り、弊社主催のイベント・プロジェクトで集まった寄付金で栄養価の高い旬野菜・旬の果物を購入し、未来ある子供たちのために届ける活動をしています。

 

子ども食堂への寄付活動について

イベント参加費の一部を各地域団体が運営している<子ども食堂>へ寄付する活動を行っています。


寄付金で栄養価の高い旬野菜を購入し、未来ある子どもたちのために届けます。

 

寄付活動記事一覧へ>>

 

 

 

    

 

 


 

 

寄付金の使い道・報告

 

寄付金活動の詳細内容は、下記目次をクリックしてご覧ください。

 

 ・東京都江東区【みなみすなこども食堂】様・・・パズル2つ、寄付金5,264円
 東京都世田谷区【ようがこども食堂】様・・・トウモロコシ33本 
 ・東京都北区【子ども食堂 キタクマ】様・・・サツマイモ26本  
 ・東京都荒川区【子どもの居場所イン町屋】様・・・ジャガイモ10kg 

 ・東京都荒川区【てらこやミモザ】様・・・大根16本 
 ・荒川区福祉協議会様・・・スナップエンドウ2kg 
 ・荒川区福祉協議会様・・・レタス32個 
 ・荒川区福祉協議会様・・・梨10kg 

寄付活動記事一覧へ>>