腸内フローラとは?

最近話題の腸内フローラって何?

ヒトの腸管(主に大腸)に腸内細菌が多数集まっている様子が同じ種類のお花が群れる「お花畑(フローラ)」のようにみえることから、「腸内フローラ」と呼ばれています。

腸内細菌はいろいろな形をしているんだね。

 

菌の総量は、なんと!!11.5kg→この重さは肝臓とほぼ同じです。肝臓は人体最大の臓器とされていますが、腸内細菌の総重量はそれと同等です。

え~!!細菌って目に見えないくらい小さいんでしょ!それが集まって1.5kgもあるの?

 

うん。あるよ!

 

私たちの腸内には、1,000種類以上100兆〜1,000兆個もの細菌が住んでいる

  • 腸内細菌たちは、人間が食べたものをエサにして、互いに競い合い、助け合いながら生きる”生態系”を作っています。
  • 腸内フローラは1人1人異なり、1度の食事やストレス、疲労などの影響を受けて刻々と変化します。腸内フローラの状態が腸内環境を左右します。

腸内細菌の種類は大きく3つに分類   

 『善玉菌』『悪玉菌』『日和見菌』

『日和見菌』・・・は名の通り、大勢に流れる性質の一群で、善玉菌が強いときはおとなしいが、悪玉菌が強くなると一緒になって悪さをし始めます。

日和見菌ってずるいなぁ~。『善玉菌』と『悪玉菌』が綱引きしているのを様子見していて、強い方につくってこと?

 

『腸内フローラ』の理想的な状態とされるのは、<善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割>だよ。

 

そうなの?なんだかスグに形勢逆転しそうな感じだね。なんだか心配になってきたよ。ラビのお腹の中はどうなってるだろう?

 

腸内フローラは1人1人みんな違うんだ。1度の食事やストレス、疲労などの影響を受けて刻々と変化しているよ。

 

『善玉菌』の増やし方教えてくれませんか?

 

まず代表的な細菌とその働きを、『善玉菌』『悪玉菌』『日和見菌』で分けて見てみよう

 

代表的な腸内細菌とその働き

  善玉菌 悪玉菌 日和見菌
代表的な細菌

乳酸菌
ビフィズス菌

ウェルシュ菌
ブドウ球菌
大腸菌(毒性株)
バクテロイデス(毒性株)

大腸菌
バクテロイデス(無毒株)
レンサ球菌

影響 感染防御
消化吸収の促進
便性の改善、健康維持
老化防止
腸内腐敗、細菌毒性の発生
健康阻害
発がん物質の発生
老化促進

善玉菌が優勢になると善玉菌に
悪玉菌が優勢になると悪玉菌に
加勢する

 

乳酸や酢酸などを作り、腸内を酸性にすることによって悪玉菌の増殖を抑えて腸の運動を活発にする

たんぱく質や脂質が中心の食事・不規則な生活・各種のストレス・便秘などが原因で腸内に増える  

次の記事↓↓も見てみてね。