TOP >  腸内フローラ サプリメント比較

腸内フローラ|サプリメント比較

BABY FLORA

商品名
BABY FROLA
販売元
Dr.J&C㈱
ビフィズス菌の種類
ビフィズス菌LM株R
ビフィズス菌の数(億個)
300
タイプ
粉末
税込価格(円)
7,800
内容量
30包(1包2g)
摂取目安
1日1包
1日のコスト(円)
240.7
10憶個のコスト(円)
240.7

ビフィズス菌の配合数が10億~150億個のサプリメントが一般的のなか、300億個配合されているのは凄い!
ビフィズス菌研究のパイオニアである森永乳業社のビフィズス菌をドクターチームが数種類厳選&組み合わせ、 生きたまま独自の配合しているのが特徴的。
ビフィズス菌を大腸まで届け増殖を助けるミルクオリゴ糖も配合されており、ヨーグルト味でおいしく、水がなくても服用ができる。

販売サイトへ

ビフィズス菌末BB536

商品名
ビフィズス菌末BB536
販売元
㈱クリニコ
ビフィズス菌の種類
ビフィズス菌BB536
ビフィズス菌の数(億個)
500
タイプ
粉末
税込価格(円)
4,536
内容量
30本(1本2g)
摂取目安
1日1~3本
1日のコスト(円)
140.0
10憶個のコスト(円)
84.0

40年以上にわたりビフィズス菌を研究してきた森永乳業独自の培養技術により高濃度のビフィズス菌配合!
1本に500億個のビフィズス菌が配合されているのは、Dr.J&C社「SLIMBIFI」の2商品のみ。
ビフィズス菌BB536は他の“ヒトに棲む”ビフィズス菌に比べて、酸や酸素に強く、製品の中の生菌数が高く、生きたまま大腸に到達することができる。粉っぽさが強く服用するにはお水が必要。

販売サイトへ

ヘルスエイドRビフィーナEX

商品名
ヘルスエイドRビフィーナEX
販売元
森下仁丹㈱
ビフィズス菌の種類
ロンガム種BB536
ビフィズス菌の数(億個)
100
タイプ
粉末(ダブルプロテクトカプセル)
税込価格(円)
5400
内容量
30袋(1袋2g)
摂取目安
1日1袋
1日のコスト(円)
166.7
10憶個のコスト(円)
500.0

ビフィズス菌と言えば「ビフィーナ」という発売から20年以上の定番商品。
独自のカプセル技術でレモン風味のオリゴ糖顆粒の中にビフィズス菌が入っている。腸内でカプセルが溶け生きたビフィズス菌が届くしくみ。ビフィズス菌は1本あたり100億個配合だが、他社商品よりもカロリーが少し高め。

販売サイトへ

VITAL FLORA

商品名
VITAL FLORA
販売元
RIZAP㈱
ビフィズス菌の種類
ビフィズス菌BB536
ビフィズス菌の数(億個)
20
タイプ
カプセル
税込価格(円)
5,940
内容量
60粒(1粒340mg)
摂取目安
1日2粒
1日のコスト(円)
183.3
10憶個のコスト(円)
2,750.0

パーソナルジムで有名なRIZAP社も、ボディメイクするには腸内環境を良好にすることが必要な要素と考え、ビフィズス菌サプリを開発。
カプセルなので粉末タイプよりはカロリーは低いのがRIZAPらしさ。一方で、2粒で20億個配合は他社に比べて圧倒的に少なく、また瓶に入っているため持ち運びがしづらい。

販売サイトへ

ビフィズス菌+ミルクオリゴ糖

商品名
ビフィズス菌+ミルクオリゴ糖
販売元
サントリーウェルネス㈱
ビフィズス菌の種類
ロンガム種ビフィズス菌
ビフィズス菌の数(億個)
70
タイプ
粉末
税込価格(円)
2,700
内容量
30包
摂取目安
1日1包
1日のコスト(円)
83.3
10憶個のコスト(円)
357.1

ビフィズス菌のエサとなり、体内での育成をしっかり助けてくれるミルクオリゴ糖を配合し、脂質ゼロのサプリメント。 甘みもあり飲みやすいけれど、ビフィズス菌の配合数は70億個と少なめ。

販売サイトへ
未分類