Cheerful Givers Cheerful Givers

日本人の死因16%に影響していること


日本人の死因のトップ3はがん、心疾患、脳血管疾患であることは、皆さんご存知かと思いますが

死因の16%に影響しているのは・・・

【運動不足】 です。

一日デスクワークをする人が増え、筋力を使わない人が急増。

運動不足と偏った食生活により肥満も増えていて、

WHOは「2025年までに過体重ないし肥満は27億人に達する」と予測。

肥満状態が長く続くとやがて糖尿病、高血圧、心筋梗塞、脳卒中、透析に至る。家族の介護を必要とし、早死にしてしまう。

運動不足が死因に影響するなんて、衝撃的です。

しかしながら、考え方を変えれば

今の生活に運動習慣をプラスすれば、予防できる病気はあるってことですよね。

ほとんど運動しない人たちに対して、

毎日40分激しい運動をすると50%近く、中等度の運動でも1時間で30%死亡率を減らすことができるという研究結果も。

便利な世の中になり、寿命は延びていますが

健康で長生き!が一番理想です。健康寿命を延ばしましょう!

一駅歩く、階段を使う、CM中ストレッチをするなど、プラス10分運動を増やしてみましょう(^^)

休日は運動しましょう!

チアフルウォーキング Vol.3

楽しく歩くイベントも開催していますので、ご参加ください☆